07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.07.05 (Sat)

『アヒルと鴨のコインロッカー』

[著者]伊坂幸太郎
[出版社]東京創元社 創元推理文庫
[初版発行]2006年12月22日

[感想等]
 大学入学のために引っ越してきた、僕こと椎名は、アパートの隣室に住む
河崎と名乗る男が広辞苑を強盗しに書店へ行くのを手伝う羽目になる。
 その2年前、同じアパートでは、琴美という女性がブータン人の恋人・
ダルジと共に暮らし、ペット虐待死事件に巻き込まれていた。
 その琴美の元恋人が河崎で・・・椎名は2年前の事件の結末に、
途中参加してしまったらしいのだが・・・?

 椎名が語る現在進行形の出来事と、琴美の語る2年前の出来事が、
交互に語られ、両方に出て来る人物と出て来ない人物のその後も気になり、
2年前に起きたペット虐待死事件はどうなったのか、と、話に引き込まれて
いくような作品である。

 2年後の椎名は、琴美の部分を知らずに現在を生きているので、
読者である私の方が、真相を知るのは先でなければならないはずなのに、
彼同様、肝心なことに気が付かずに、すっかり騙されてしまった。
 もう一度読んでみて、伏線の張り方の巧妙さに気が付いたし、
構成の上手さに感心した。

 現在を語る椎名という青年だけでなく、2年前の主人公・琴美や、
琴美の恋人のブータン人・ダルジ、元恋人の女たらしの河崎などの他、
脇役たち、琴美の仕事先のペットショップ店主・麗子などの登場人物たちも
かなり魅力的で、彼らの言動も、ウィットがあり、風刺もあり、興味深く、
青春ドラマとしても楽しめた。
 そして、何より、ホロリとさせられるラストが良かったと思う。

 なお、私は未見だが、この作品は映画化されている。
 原作そのままに映像化してしまうと、私の騙された部分の面白さが
殺がれてしまうのではないかと思ったのだが、上手く処理したらしい。


アヒルと鴨のコインロッカー


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 伊坂幸太郎

EDIT  |  09:03 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。