07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.06.05 (Sun)

『タクラマカン』

[著者]ブルース・スターリング
[訳者]小川隆 大森望
[出版社]早川書房 ハヤカワ文庫SF
[初版発行]2001年1月31日

[感想等]
 ヒューゴ賞・ローカス賞に輝いた表題作『タクラマカン』を含む
7編のSF短篇作。

 表題作『タクラマカン』はタクラマカン砂漠にある秘密宇宙基地らしい施設へ
潜入偵察へ赴いた軍のお雇登山者の遭遇した光景や陰謀を描いたもので、
日本や中国のアジア協力圏というのが出来、EUや北米経済連合と三つ巴で
南の第3世界と対立している21世紀半ばの近未来の設定などが興味深かった。
 その他では日本の近未来の出来事を描いた『招き猫』など、
ネット社会や怪しげな宗教団体などが登場し、風刺の効いた作品で面白かった。


タクラマカン

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  09:08 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。