07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.10.25 (Sat)

『美(うるわ)しきもの見し人は』

[著者]篠田真由美
[出版社]講談社 講談社ノベルス
[初版発行]2008年3月25日

[感想等]
 孤高のキリスト文学者・蘭堂叡人(らんどうえいと)が、
修道院を模し建てた館のある長崎県の北西に浮かぶさいはての島・波手島。
 叡人の養女で著作権継承者・蘭堂キアラの依頼で、探偵・沢崎(「私」)は、
叡人の隠し子で唯一の遺産相続人を名乗る青石羊子の正体を暴きにやって来た。
 キアラの他は編集者・石黒ミホ、メイドの紅子、修道女のスール・クレールと
女ばかり住む孤島に、青石羊子がやってくるやいなや、ミホの転落死体が
発見される。
 果たして、事故なのか?それとも殺人?犯人は誰?
 そして、羊子の正体は?「昇天」したと伝えられる叡人の死の真相とは? 

 過去の出来事と今、島で起こっている事件が交互に現れる構成で、
過去に死んだ蘭堂叡人という人物の生涯や、青石羊子の正体など、
少しずつ謎が明らかになっていく点が、なかなか面白かった。
 登場人物たちは、メイドの紅子や語り手の探偵・沢崎までも、
一癖も二癖もある感じの謎めいた人物たちで、
孤島の洋館という、ゴシック的な舞台と相まって、
いかにもミステリという雰囲気なのが、気に入った。
 謎のうち、いくつかは途中で判ってしまったものの、
すっかり騙されたものもあり、最後まで楽しめた。


美しきもの見し人は


<My Blog関連記事>『すべてのものをひとつの夜が待つ』

   
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 篠田真由美

EDIT  |  17:38 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。