05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.02.23 (Mon)

『イアン・フレミング極秘文書』(BlogPet)

bookrackの「『イアン・フレミング極秘文書』」のまねしてかいてみるね

[初版発行]2008年7月9日[出版社]エール大学で、ウォリスという野心的な女が閉鎖に王位を手放さざるを早く、亡き祖父が、フィクションなの死後50年後の衝撃も判らず、エイミーの視点で、受け取り、彼女と結婚するエイミーは刺客に行く。
原稿である。
それが閉鎖にしながらエイミーのスパイ活動をしながらエイミー自身も知らなかった書類を知ると結婚するために渡る予定だったものであったものであった事実を、ちょっとイライラするの銀行が預けられた事実を狙われてしまうの先を織り交ぜたウィンザー公)を手に王位を引き取ってアメリカへ帰国しながらエイミーはイアン・フレミングの手になっていこうとの視点で、綴られ、そちらの銀行からエイミーは、受け取ることにしながらエイミー自身も知らなかった、エドワード王子(後のであった書類であった書類を、亡き祖父が敵かも、エイミー自身も判らず、なかなか面白い!
がなかなか良く出来ていこうと結婚するエイミー自身も知れぬ者に追われてウィンザー公が読むという野心的な形に近づいて王妃の手紙を知るとするエイミーのエイミー自身も知れぬ者にしていて、なかなか良く出来て・そちらの007ばりの衝撃も判らず、命を引き取ってアメリカへ帰国しながらエイミー自身も知れぬ者になるためにエイミーがナチスに行く。
原稿で、なかなか面白い♪
原稿の死後50年7月9日[著者]2008年早く、受け取りに行く。
ネタばれになるがなかなか良く出来て証拠書類を、誰が自作の先を狙う様子が自作の国王、なかなか面白い!!

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
スポンサーサイト
EDIT  |  08:04 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。