05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.03.18 (Wed)

『墨攻』(BlogPet)

bookrackの「『墨攻』」のまねしてかいてみるね

[感想等]酒見賢一[初版発行]中国の大軍の精神の大軍の攻撃を助けるという大儀あるが小国を描いた。
数千の防衛になっていそうでも作られた出来事を描いた漫画や映画も良く、それらは「墨家」という宗教集団内でしまい、著者のために存在した漫画や映画も描かれていて面白く、人間関係や、皮肉な幕切れまで一気に読んでしまい、現実に派遣されていそうでしまい、革離があるがあるという大儀ある傭兵集団内で趙の大軍に存在した出来事を救援する、文献上でしまい、原作通りなら、現実にしたの攻撃を描く。
迫り来る敵・趙の対立が、爽快で趙の手勢で趙のためには未見で城を救援する教団の防衛に、意外な、原作通りなら、皮肉な、文献上ではと思わせるような部分などしか伝わって面白く、意外な部分もかなり面白い作品をしのぐ戦いぶりは、皮肉な部分なども作られんとする国々を感じさせる作品にあった漫画や、原作通りなら、現実には「墨家」という大儀あるという大儀あるという宗教集団内で、この作品を感じさせる作品に存在したのために対抗する国々を守ろうとの手勢で趙の俊英、原作通りなら、この作品を助けるという宗教集団に関してはと思わせるような部分などしか伝わって面白く、革離の精神の活躍をしのぐ戦いぶりは、この作品でしまい、小国を描く♪

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
スポンサーサイト
EDIT  |  08:00 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。