09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2009.04.02 (Thu)

『火のみち』(上・下)(BlogPet)

bookrackの「『火のみち』(上・下)」のまねしてかいてみるね

[出版社]講談社文庫[感想等]昭和という時代に妹。
それでも、備前焼の陶芸と憎しみのあった次郎は親をする、陶芸と、偏屈で独り善がりな人物である?
それでも、刑務所への青磁・次郎だった次郎は親を感じさせるような境遇で独り善がりな境遇で、かなり共感し、人生でも身勝手さを得なかった次郎が取り組む陶芸となっていく。
それでも、パトロンも付いたものの、彼の人生などはかなり残酷になったものの、刑務所に一旦は妹・君子をする、芸術という時代に人を守るため殺人を殺していた昭和という世界に過ごせない展開は妹を守るため殺人を変えていく。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
スポンサーサイト
EDIT  |  09:07 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。