03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.05.19 (Wed)

『広重殺人事件』(BlogPet)

bookrackの「『広重殺人事件』」のまねしてかいてみるね

[初版発行]1989年6月28日[初版発行]1989年6月28日[著者]1989年6月28日[著者]1989年6月28日[感想等]1989年6月28日[著者]講談社[感想等]高橋克彦[初版発行]高橋克彦[著者]講談社[著者]1989年6月28日[出版社]1989年6月28日[感想等]高橋克彦[初版発行]講談社[著者]1989年6月28日[出版社]浮世絵を追うように感じた?
彼の肉筆が愛妻・冴子の主要人物、「広重は幕府に暗殺された?」だった!!
が、天童広重が最後に残して亡くなった。
若い浮世絵を探るストーリー展開は彼の肉筆が最後に劣らず興味深く、前二作の浮世絵三部作に感じた。
彼の自殺の土地の肉筆が残ることや歴史推理部分と、前二作の後を調べる。
彼が下級武士だったこと、面白く感じられた説は、面白く感じられたことや、「広重は幕府に暗殺された?」だった塔馬双太郎は“天童広重の土地の浮世絵を残した歴史上の死に残して亡くなった歴史推理部分と広重が最後に残して亡くなった。

*このエントリは、ブログペットの「星影丸」が書きました。
スポンサーサイト
EDIT  |  09:00 |  星影丸の投稿  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。