08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.10.24 (Sun)

『シャーロック・ホームズに再び愛をこめて』

[編者]ミステリー文学資料館
[出版社]光文社 光文社文庫
[初版発行]2010年7月20日

[感想等]
 コナン・ドイルが生み出した名探偵シャーロック・ホームズの
日本の作家によるパスティーシュ、パロディ作品集第2弾。
 収録作品は『絶筆』(赤川次郎)他、全10作品。

 第2弾も他のアンソロジー集などで何度も読んだ作品も多く、
私にとっては少々新味が少ない点が残念であった。

 しかし、初めて読む人には、ホームズの霊がイタコに乗り移る
『シャーロック・ホームズの口寄せ』(清水義範)や、
妊婦だけのタウンでの事件『亀腹同盟』(松尾由美)などは、
一風変わった作品として、楽しめるかもしれない。
 また、『名探偵誕生』(柴田錬三郎)などは、あのシバレンが、
こんなものを書いていたのかという驚きもあるかもしれない。

 私にとって初めて読む作品では、シャーロック・ホームズ
が直接登場せず、ホームズ・パスティーシュというよりも、
その時代と現代を繋ぐ恋愛ファンタジーという趣の作品で、
ジャック・フィニイの作品を思わせる感じがする、
『リラの香のする手紙』(妹尾アキ夫)が、なかなか良かった。
 


シャーロック・ホームズに再び愛をこめて





<My Blog関連記事>『シャーロック・ホームズに愛をこめて』

  
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 短編 シャーロック・ホームズ

EDIT  |  16:20 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。