07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.12.19 (Sun)

『大誘拐』

[著者]天藤真
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]昭和55年1月30日

[感想等]
 紀州随一の大富豪・柳川とし子刀自が誘拐された。
 地元では生き神様と慕われる82歳のおばあちゃんを
誘拐したのは、刑務所で知り合った戸並健次、秋葉正義、
三宅平太の三人組だった。
 彼らの希望要求金額は5000万円だったのだが、
それを聞いたとし子刀自は怒り出してしまい、
身代金100億円にしろと言う。
 そして、誘拐されたはずのとし子刀自が誘拐団を指揮して、
身代金奪回を図る大作戦が始まる・・・。

 この小説の発表された昭和の時代には、
身代金100億円を山林を売って作り出す、とか、
身代金の受け渡しなどをTVで中継するなど、
かなり大胆な設定の話だったろうと思う。

 しかし、現代では、この小説の誘拐計画は、
インターネット等の発達によって、
どんなに山奥の村でも、犯人たちの行動は、
村人にすぐに察知されて、通報されてしまうだろうから、
成立は難しいかもしれない。

 が、現代に通じる、マスコミや野次馬の大騒ぎぶり
などもあって、絵空事とか、古いとかは思えない。
 また、登場人物達の行動にユーモアがあったこともあり、
とても面白く読むことが出来た。

 なお、この作品は、第32回日本推理作家協会賞長篇賞
の受賞作というだけでなく、文春による
「二十世紀傑作ミステリーベスト10」の国内部門で
1位に選出されている作品とのことである。




大誘拐 (創元推理文庫版)


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステ 天藤真

EDIT  |  16:08 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

★中学生の時に読みました~

およそ30年前w

テレビドラマにもなっていましたねぇ
テックビー |  2011年01月22日(土) 12:10 | URL 【コメント編集】

★Re: 中学生の時に読みました~

>テックビーさん
こめんとありがとうございました。
映画とかTVドラマ化もされていましたね。
bookrack |  2011年01月30日(日) 16:57 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。