03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.01.08 (Sat)

『不思議の扉 時をかける恋』

[編者]大森望
[著者]梶尾真治 恩田陸 乙一 貴子潤一郎 太宰治 ジャック・フィニイ
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]2010年2月25日

[感想等]
 時間を超えたラブストーリーを集めた短編集。
 収録作は『美亜ヘ贈る真珠』(梶尾真治)、
『エアハート嬢の到着』(恩田陸)、『Calling You』(乙一)
『眠り姫』(貴子潤一郎)、『浦島さん』 (太宰治)、
『机の中のラブレター』(ジャック・フィニイ)の 6編。

 日本の現代作家の作品だけでなく、ジャック・フィニイや
太宰治の作品も収録している点が良い。

 ジャック・フィニイの『机の中のラブレター』は大森望の
新訳だったが、以前に、別タイトルで読んでいたので、
驚きなどはなかったのが少々残念。でも、やはり面白い作品だ。

 太宰治の『浦島さん』には、ちょっと驚いた。
 太宰独特なちょっと皮肉な感じの口調で、
亀が語る『浦島太郎』は、亀だけでなく浦島も乙姫も、
知っているおとぎばなしの彼らとは違う面も見せ、
結末も一味違う感じで面白かった。

 が、一番驚かされたのは、『Calling You』(乙一)。
 携帯電話を持っていないため友人の居ない女子高生が、
頭の中に空想していた携帯電話にかかってきた電話の相手達と
交流するストーリー。
 話し相手になった男の子とのラブストーリーだけでなく、
不思議な年上の女性との会話なども、興味深く、
自分の時間と相手の時間が違っているという設定が良く、
起きる事件も結末も凝っていて、切なさが心に残った。



不思議の扉 時をかける恋




スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ファンタジー SF 梶尾真治 恩田陸 乙一 貴子潤一郎 太宰治

EDIT  |  18:43 |  とても気に入った本(☆5つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。