08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.01.30 (Sun)

『甘栗と戦車とシロノワール』

[著者]太田忠司
[出版社]角川書店
[初版発行]平成22年2月25日

[感想等]
 名古屋に暮らす高校生の甘栗晃は、事故で亡くなった父の残した
私立探偵の仕事を終わらせて、高校生活に戻っていた。
 そんな彼に、中学時代は「名古屋最凶の中学生」と呼ばれていた
戦車みたいな同級生・徳永馨が探偵の仕事を依頼する。
 彼の小学校の恩師・音辺麻由子を探して欲しいというのだ・・・。

『甘栗と金貨とエルム』の続編に当たる作品なのだが、
前作を読んでいなくても、充分楽しめると思う。

 前作同様、高校生にしては大人な甘栗の視点から展開するのだが、
クールな口調だが、内容はかなりホットで、ほろりとさせられる
部分も多く、心にしみる作品になっている。
 特に、父を亡くした事故の加害者の息子へ、甘栗が思わず大声で、
気持ちを吐露してしまう場面が、なかなか良かった。

 事件の方は、同級生の恩師探しだけだと思えた依頼が、
結構危ない事件に発展していき、高校生が取り組むには、
かなり危なく、冷や冷やする場面もあるが、
最後の結末には、ほっとさせられる物語になっている。

 今度の依頼者が高校の同級生ということもあり、
前回あまり判らなかった、甘栗の高校生活の様子が出てきたのも、
ちょっと嬉しく思えた。
 
 なお、「シロノワール」とは何だろうと思っていたら、
名古屋では有名な「コメダ珈琲店」の名物デザートだそう。
 ちょっと食べてみたい気がした。



甘栗と戦車とシロノワール



<My Blog関連記事>『甘栗と金貨とエルム』

  
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 太田忠司

EDIT  |  16:52 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。