07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.02.19 (Sat)

『うさぎ幻化行(げんげこう)』

[著者]北森鴻
[出版社]東京創元社 創元クライム・クラブ
[初版発行]2010年2月25日

[感想等]
 飛行機事故で亡くなった義兄・最上圭一。
 フリーの音響技術者の彼が残した日本の音風景百選の録音と
義兄が自分を呼ぶ名前「うさぎ」宛に残されたメッセージに
謎を感じたフリーライターの美月リツ子は、その音源を訪ね歩く
旅に出ることにした。
 
 音源にまつわる様々な謎を解き明かしていく連作集。
 義兄に「うさぎ」と呼ばれていたのは自分だけでなく、
恋人がいたらしいということが、早々判ってしまって、
どうなるのだろうかと思っていたら、最後近くに、別の
どんでん返しがあって、ビックリした。

 音を巡る旅情と、リツ子が出会う人々、義兄・圭一との
エピソードなど、内容が盛り沢山だし、幻想的な部分も多く、
また、リツ子ではないもうひとりの「うさぎ」こと
成瀬彩子の視点で語られたりしているのに気が付きにくい、
混乱するストーリー展開のため、判り難い部分もあった。
 が、二度読んでみたら、上手く伏線が描かれているのも
判ったし、じっくり味わうのをおススメする。
 
 残念なことに、作者・北森鴻は2010年1月25日に急逝、
これが最後の作品になってしまった。
 好きな作家の1人だったので、もっと作品を読みたかった。
 改めて、この場でご冥福をお祈りします。



うさぎ幻化行(げんげこう)






スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 北森鴻

EDIT  |  20:26 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。