09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.03.20 (Sun)

『桜の園 神代教授の日常と謎』

[著者]篠田真由美
[出版社]東京創元社
[初版発行]2009年4月30日

[感想等]
 建築探偵・桜井京介でおなじみの神代宗教授を主人公とする
シリーズの2冊目。表題作『桜の園』と『花の形見に』という
中篇を2作収録している。

 表題作『桜の園』は神代教授の大学での友人である教育学部
教授・大島庄司の頼みで、前作にも登場した旧友・辰野と一緒に、
大島が40年ぶりに訪れた桜館とよばれる親類の家において、
昔の事件を明らかになっていく物語。
 『マクベス』を思わせる3人の魔女的な老女たちと
珍しい桜の植えられた古い館の『桜の園』といった、
演劇的な雰囲気の中、大島の忘れていた過去の見聞や、
過去の事件が次第に明らかになるのが、興味深い作品であった。

 『花の形見に』は神代教授のルーツに関する物語。
こちらは、京介や蒼、深春が登場し、建築探偵の番外編らしい
雰囲気で展開されていく。
 神代の亡き母の墓に供えられた恋歌や、消えた絵画の謎解きに、
幼き日の神代や姉・沙弥、家族の話も登場するので、楽しかった。
 そして、『桜の園』に登場したメイドの道子の抱いていた悩みも
ついでに解決されてしまうのはちょっと出来過ぎかも。

 建築探偵・桜井京介シリーズを知る人には、もちろんだが、
知らない人も、過去の時代を追憶するようなストーリーは、
楽しめるのではないだろうか。



桜の園 神代教授の日常と謎



<My Blog関連記事>『風信子(ヒアシンス)の家 神代教授の日常と謎』

  


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 篠田真由美

EDIT  |  18:50 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。