05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.05.21 (Sat)

『売り込み』

[著者]ダグラス・ケネディ
[訳者]中川聖
[出版社]新潮社 新潮文庫
[初版発行]平成16年12月1日

[感想等]
 長い間成功を夢見ていた、不遇な作家・デヴィッドが、
『売り込み』というテレビ台本が売れたことで、
またたく間にエミー賞まで授賞するような成功を治めるのだが、
1人の大富豪との共同執筆の映画の話が舞い込んだことにより
あっという間に、汚名を着て転落してしまうというストーリー。
 
 映画やTV界の人々や金融ブローカーの内幕・駆け引きや、
成功や転落することで、生活が激変する主人公の様子など、
人間の本質を突いたブラックユーモアという感じで面白かった。
 が、主人公が成功と転落の中で自分を見つめなおしたり、
転落しても離れず主人公を救おうとしてくれる人の存在に、
凄く救われる話で、ラストに救いがあったのが良かった。


売り込み

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  09:51 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。