09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.05.01 (Sun)

『不思議の扉 ありえない恋』

[編者]大森望
[著者]梨木香歩 椎名誠 川上弘美 シオドア・スタージョン
   三崎亜記 小林泰三 万城目学 川端康成
[出版社]角川書店 角川文庫 
[初版発行]2011年3月25日

[感想等]
 不思議なストーリーを集めた短編集の第3弾。
 主に時間に関する不思議を扱ったストーリーを集めた1・2弾とは、
少し趣が変わって、不思議なラブストーリー8編を収録している。

 収録作品は、梨木香歩『サルスベリ』、椎名誠『いそしぎ』、
川上弘美『海馬』、シオドア・スタージョン『不思議のひと触れ』、
三崎亜記 『スノードーム』、小林泰三『海を見る人』、
万城目学『長持の恋』、川端康成『片腕』。

 今回の作品でも面白かったのは、やはり時間が絡んだ
ラブストーリーであった。
 万城目学『長持の恋』は、信長のものと伝わる長持の中の
木切れへの書き込みを通じ、信長の時代の青年武士と文通が
始まるという、不思議なストーリー。
 結果は見えているのだが、最後にステキな驚きがあって、
ほろりとさせられた。

 小林泰三『海を見る人』は、時間の流れが違う村の少女に
祭りで出会い恋をするお話で、切なさが心に残った。

 時間は関わらないのだが、ちょっと面白かったのは
椎名誠『いそしぎ』。夫婦が引き裂かれてしまうことになる
奇祭のある土地の話で、淡々とした悲しみと幻想的な味わいが
昔の日本的な雰囲気を感じさせられた。

 シオドア・スタージョンと川端康成の作品は、
以前読んでいたので、私には新味が無かったのだけれど、
特に川端康成の作品はかなり変わった設定なので、
初めて読む人には驚きがあるかもしれない。




不思議の扉 ありえない恋



<My Blog関連記事>『不思議の扉 時間がいっぱい』

  
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ファンタジー 大森望

EDIT  |  14:34 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。