09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.05.08 (Sun)

『山内一豊(やまうちかつとよ)の妻の推理帖』

[著者]鯨統一郎
[出版社]光文社 カッパ・ノベルス
[初版発行]2009年11月25日

[感想等]
 織田、豊臣、徳川という3人の武将に仕えて、
禄高五十石の馬廻役から一国一城の主にまで
出世を遂げた山内一豊。それは知恵者の妻・千枝による、
お家の一大事の謎解きという内助の功だった・・・?
 『真(まこと)に至る知恵』他 全7話の歴史ミステリ短編集。


 山内一豊の出世の影には妻の存在があったのは、
NHKの大河ドラマなどでお馴染みだったし、
それを戦国時代らしい、陰謀などの事件の解決に
絡めていくというのは、なかなか面白そうではないかと
思って読んでみた。

 が、いちいち、閨で交わって解答を見つけるというのが、
なんだか嫌な感じがしたし、起こる事件もさほど凄い事件でなく、
そんなこともあったのかも・・・的な事件なのが残念な気がした。

 ヘソクリで馬を買うエピソードも、ひねってあるのだけど、
これは通説だけでも充分良かったような気がしたのが一番残念。




山内一豊の妻の推理帖





スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 鯨統一郎

EDIT  |  15:03 |  いまひとつだと思った本(☆2つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。