03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.09.24 (Sat)

『闇色(あんしょく)のソプラノ』

[著者]北森鴻
[出版社]文藝春秋 文春文庫
[初版発行]2002年10月10日

[感想等]
 女子大生・桂木真夜子が卒論のテーマに選んだのは、
BF・洲内(すのうち)一馬の部屋で見つけた古い同人誌の
中にあった「しゃぼろん、しゃぼろん」という擬音のある
童謡詩を書いた夭折した女流詩人・樹来(きらい)たか子。
 自殺と思われていた、たか子の死や擬音の謎を巡り、
東京郊外の遠誉野市と山口を舞台に、たか子の遺児・静弥、
遠誉野の郷土史学家・殿村三味、末期がんの男・弓沢征吾、
たか子の伯父・浜尾竜一郎、刑事・洲内との関わりの中で、
起こった事件と、真夜子が知った真実とは・・・?

 偶然的な人間の出会いが多すぎるのが欠点な作品なのだが、
歴史的に誕生過程が解明されていない都市・遠誉野市という
架空のいわくありげな土地で事件が発生していくことで、
何か運命的なものを感じさせることで、納得出来るのが、
良く出来ているように思えた。

 また、様々な事件が展開していく章の合間に、
母の死んだ時の記憶を失っている青年・静弥の
記憶を思い出していくような「風景」という幻想的な
部分があるのがもどかしくもあり、不思議感を高める点や、
記憶に関する病気「ウィルニッケ脳症」が関係する点は、
好き嫌いが分かれそうな気がする。
 
 過去の詩人の死の謎は、おおよそ私の予想通りだったし、
様々な秘密を抱えている登場人物達の真実が明らかになる中、
最後に明らかになる登場人物ひとりの正体も察しがついたが
現代の静弥の周囲で起こる殺人事件の犯人に関しては、
ちょっと意外で、ヤラレタなと思った。

 「しゃぼろん、しゃぼろん」という童話の擬音の正体も、
きちんと明らかになる。
 だが、そのなんとも物悲しげな擬音に象徴されるように、
登場人物達の未来、特に静弥の将来を思ってしまうと、
なんだか悲しい気分の残る作品であった。

 なお、女流詩人・樹来たか子は、金子みすゞがモデルらしい。




闇色のソプラノ



スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 北森鴻

EDIT  |  14:39 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。