05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.10.30 (Sun)

『遥かなる未踏峰』(上・下)

[著者]ジェフリー・アーチャー
[訳者]戸田 裕之
[出版社]新潮社 新潮文庫
[初版発行]平成23年1月1日

[感想等]
 「なぜ登るのか?」という問いに「そこに山があるからだ」という
名言を残した登山家ジョージ・マロリー。
 彼の生涯をたどり、山頂へ到達出来たのかという謎が残された
最期の挑戦となったエベレストでの彼の姿まで描いた作品。

 プロローグとして、1999年にマロリーの遺体が発見された
場面から、物語は始まる。
 発見した登山家たちが、彼の衣服内のポーチに妻の写真が
無いことを喜ぶ場面に、私は何を喜んでいるのか判らず、
物語が進んで行き、その謎が判った時、かなり驚いた。

 子供の頃から、恐れを知らない子供だった彼のエピソードや、
愛妻ルースとの出会い、恋愛、そしてもちろん、登山家としての
彼のエピソードの数々は、どれもとても興味深く楽しめたが、
彼が歴史の教師だったことや、志願兵として戦場へ赴き、
負傷していたことなどは知らなかったし、妻との恋愛など、
登山家以外の部分の彼に関する記述が意外に面白かった。
 作品には、妻の写真のいきさつだけでなく、挿入されている
妻にあてた手紙、妻からの手紙などが、効果的に利用されている。

 エベレストへの挑戦中の過酷さの描写も凄いのだが、
そのメンバーの選抜試験の凄さの方が、何故か心に残った。
 さらに、同じような寒さとの戦いである南極探検に関して、
南極探検家・スコット大佐の講演会に参加したマロリーや
スコットの未亡人をマロリーの妻が訪れたりするエピソードが
挿入されているのが、出来すぎ感もあるが、面白かった。

 また、様々な探検隊を派遣していた王立地理学会という、
組織の格式ばった遣り方や偏狭さ、実際に探検に行かない
人物たちに関する、腹立たしさを感じる場面も多かったし、
高所登山に酸素ボンベを使うのは卑怯という危険よりも
スポーツマンシップを重視する当時の考え方や、身分や
男女の差別など、当時の社会の側面なども考えさせられたし、
一登山家の栄光や悲劇を描いただけの作品ではない気がした。



遥かなる未踏峰(上)遥かなる未踏峰(下)




スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 歴史 ジェフリー・アーチャー

EDIT  |  22:50 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。