07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.11.12 (Sat)

『暁英(きょうえい) 贋説・鹿鳴館』

[著者]北森鴻
[出版社]徳間書店
[初版発行]2010年4月30日

[感想等]
 作家・津島好一は鹿鳴館を題材にした新作を書こうとしていた。
 設計図さえ残っていない鹿鳴館は、謎の多い建物であり、
なかなか執筆が進まずに悩んでいた津島だったが、編集者に
海南潤一郎(うなみじゅんいちろう)という青年を紹介され、
鹿鳴館の裏門が逗子に現存していることを教えられ、
さらには、彼より出所を明らかにしない鹿鳴館の設計図の
コピーを贈られ、『小説 暁英』という作品を描き始める。

 暁英とは、鹿鳴館を設計したジョサイア・コンドルが、
風刺的な絵を描く日本画家・河鍋暁斎に弟子入りし、
貰った雅号である。
 この作品は津島が描いた作品という形で、コンドルの視点から
彼の日本での活動が描かれるという構造になっている。

 コンドルは、日本人建築家の育成や鹿鳴館を作るためだけでなく、
国際商社ジャーデン・マセソン社から、日本で姿を消してしまった
ウォートルスというアイルランド人建築技術者を探せという密命を
受けていたとして、その探索も描かれている。
 が、やはり、一番の謎は、鹿鳴館がどのような建築物だったのか、
コンドルはそういう意志を持って、鹿鳴館を設計したのかだろう。

 残念ながら、この作品は著者・北森鴻の急逝で、完結しないで
終わってしまい、津島の小説内のコンドルも鹿鳴館を建設中で、
コンドルの設計の意図は明らかにされていない。
 また、津島に設計図のコピーを渡した海南には何か訳あり気だが、
それも判らずじまいである。
 出来れば、著者に最後まで書く時間を与えて欲しかった・・・。

 しかし、ウォートルスの行方の謎は、一応解決しているし、
何よりも、鹿鳴館を建設したコンドルの人物像や、周囲の人々、
歴史上の偉人も、名も無きような人々までの描き方が良くて、
読み応えのある作品になっている。



暁英 贋説・鹿鳴館



スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 北森鴻

EDIT  |  23:37 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。