08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.04.29 (Sun)

『アイスクリン強し』

[著者]畠中恵
[出版社]講談社 講談社文庫
[初版発行]2011年12月15日

[感想等]
 明治初期、孤児になり横浜の居留地で育った元士族の皆川真次郎(ミナ)
は洋菓子職人として小さな西洋菓子屋を始める。
 その友人、元幕臣「若様組」の警官達と日々起こる数々の騒動に大奮闘
する出来事を描いた連作短編集。
 収録作品は表題作『アイスクリン強し』他、『チョコレイト甘し』、
『シュウクリーム危し』、『ゼリケーキ儚し』、『ワッフルス熱し』など、
お菓子に関するタイトルになっている。

 西洋菓子が珍しい時代の菓子職人の奮闘振りと、彼が巻き込まれる事件や
「若様組」の警官達との友情など、明治初期の青春活劇という感じの作品は、
読みやすく、嫌味が残らないのが、甘いお菓子のようで悪くは無い。
 が、時代の様子やお菓子作りの話などは興味深く描かれているのだが、
起こる事件の解決が上手く出来過ぎ感があり、意外な驚きが少ないのが、
少々残念である。






スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

タグ : 読書 小説 感想 ミステリ 歴史 畠中恵

EDIT  |  15:03 |  まあ面白いと思った本(☆3つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。