06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.05.17 (Tue)

『ロマンス小説の七日間』

[著者]三浦しをん
[出版社]角川書店 角川文庫
[初版発行]平成15年11月25日

[感想等]
 海外ロマンス小説翻訳を仕事とする独身女性の主人公が
半同棲中のBFがいきなり会社を辞めたことへ困惑し、
翻訳中の小説を勝手に創作してしまい、
それが現実にも影響を与え、とんでもない展開に・・・
という内容紹介から奇想天外な小説を期待したのだが、
残念ながら、そういう展開にはならず、がっかりした。
 曖昧な関係の恋愛というのは今風なのかもしれないけど、
不安に思う心や不満をきちんとBFに言えない主人公・あかりにも、
彼女にはっきり説明や話をしないような相手の男・神名にも、
私には全く感情移入も共感も出来なかった。


ロマンス小説の七日間

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  09:24 |  趣味に合わなかった本(☆1つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。