09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.05.04 (Wed)

『運命の剣 のきばしら』

[著者]宮部みゆき 他
[出版社]PHP研究所 PHP文庫
[初版発行]1999年2月15日
[感想等]
 「のきばしら(軒柱)」と名づけられた剣に関する、歴史物の7人の作家
(中村隆資・鳴海丈・火坂雅志・宮部みゆき・安部龍太郎・宮本昌孝・東郷隆)
によるリレー小説。

 鎌倉時代に助平(すけひら)という名工に作られた剣が、
中世・戦国・江戸・幕末・明治・昭和という時代の流れの中、
様々な人間と関わっていくというストーリーで、
作者の作風が違い、逸話に登場する人物も起こる事件も色々だが、
前の話との食い違いなどもないリレー小説だし、
なおかつ各話がそれぞれ面白い作品になっていると思われた。


運命の剣 のきばしら

スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  09:38 |  なかなか良いと思った本(☆4つ)  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。